宅建士の通信講座っていいの?合格しやすいの?経験者が解説します!

宅建の試験対策には、通信講座がおすすめです。
通信講座の場合、インターネット環境さえあればどこでも学習できるため、通勤・通学中に受講することも可能です。
また、時間的な制約がないため、空いた時間を利用して効率的に学習することができます。
費用面でも、通信講座は通学講座に比べて安価であることが多いです。
以上の理由から、宅建試験に合格するためには、時間や場所の制約を受けずに勉強できる通信講座がおすすめです。
アガルートは、オンライン通信講座に力を入れている資格予備校です。
講座のカリキュラムは体系別に構成されており、初めて勉強する初心者でも、過去10年分の過去問集や、十分なアウトプットができるインプット学習で、知識を定着させることができます。
また、アガルートでは、受験者専用のFacebookグループで何度でも質問できるなど、サポート体制も充実しています。
その結果、アガルートは宅建試験の全国平均の2.47倍となる43.7%の合格率を誇っています。(2021年度合格率)
経験豊富なプロ講師による講義で、宅建試験合格に向けた最短距離の効率的な学習が可能です。
フォーサイトの宅建講座は、「宅建士が選ぶおすすめ宅建講座」ランキングで1位を獲得しています。
万が一、試験に不合格だった場合、全額返金保証制度があります。
また、講義動画には業界初のバーチャル講師を取り入れ、その日の気分でリアルとバーチャルのどちらを受講するか選択できるようになっています。
実際のプロの声優を起用した講義で、楽しみながら効率的に学習することができます。
ユーキャンの「宅建士速習講座」は、お客様満足度86.2%を誇っています。
試験に出るポイントに絞った講座内容なので、最短3ヶ月の学習で合格を目指せます。
また、講義の視聴だけでなく、スマートフォンやタブレット端末でテキストや動画講義を視聴できる「合格デジタルサポート」、弱点対策に役立つ「Webテスト」、学習効率を高める「スケジュール・課題管理システム」なども備えています。
カリキュラムは、宅建試験合格に必要な知識・スキルの習得を目的としたものです。
また、DVDや練習問題などの副教材も充実しています。
さらに、講義でわからない点や疑問点があれば、Webサイトから直接質問することができ、プロの講師がメールで回答します。
宅建士のおすすめ通信講座については下のページでさらに詳細に紹介されているので、一度見ていただき自分に合う講座を見つけてみてください。
おすすめの宅建士通信講座比較