伸ばした髪の毛がなびくようなストレートヘアーに憧れた学生時代の私

物心ついたとき、チリチリの天然パーマだった私の髪の毛は、小学校に入学してからも髪質は変わりませんでした。
おでこから、伸ばした髪の毛がサーッとなびくような髪型にしたかった私は、小学校卒業の頃からストレートの髪質に対する憧れが芽生え始めました。
ある日、床屋に行った私が悩みを打ち明けると、職人さんに「人間の毛質はDNAで生まれたときから決まっているから、どうにもならないのだよ」と言われました。
そう言われでも諦めきれなかった私に、「ストレートヘアーブリーチを買って試してみたら?コンビニや薬局でも売っているよ」と教えてくれました。
早速コンビニで売っていたストレートヘアーブリーチを購入した私が試してみると、髪の毛がいくらか真っすぐに伸びた感触がありました。
しかし、1週間ほどストレートヘアーを実感できたものの、その後またすぐ元の天然パーマに戻ってしまいました。
通学や出勤前にヘアースタイルを整えるとき、天然パーマの髪の毛がひっかかり、思うような髪型にセットし難くなってしまいました。
そんな私は30才まで天然パーマに悩んでいましたが、脳出血を発症後、「いつまで気にしても仕方がない」という気持ちになり、一切気にしなくなりました。
現在では、多少ストレートヘアーになったようにも感じている私は、鏡の前で見る髪型に自信が持てるようになりました。
さまざまなタイプの毛質の方がいる中、気に入らないと落ち込まず、持って生まれた髪の毛を存分に生かしたヘアースタイルを楽しみたいものです。
動画編集 副業