ネットカジノは本当に大金を使いきれるのか?解説します!

山口県阿武町で発生した4630万円の振り込め詐欺事件で、18日夜、無職の田口翔容疑者(24)が逮捕されました。
現時点では回収のめどは立っておらず、田口容疑者が本当に全額を使い込んだのかが焦点となっています。
長髪を後ろで束ね、ピースサインをしているのが、5月18日夕方に逮捕された田口容疑者。
誤送金の問題は、急展開を見せた。平和な阿武町を揺るがした騒動は、今や刑事事件に発展している。
残高わずか665円の田口の口座に、突然4600万円以上の振込みがありました。
田口容疑者は、阿武町がインターネットカジノで誤って自分の口座に入金した多額の利益を使い果たしたと供述している。
逮捕に際し、田口容疑者に家を貸していた大家は、次のように心境を語った。
家主:まあ、気の毒なことだ。返してもらえばよかったのに。
コンピューター詐欺の疑いで逮捕された田口容疑者は、4630万円が誤って振り込まれたことを知りながら、スマートフォンを使ってネット決済代行会社の口座に400万円を振り込み、不正に利益を得た疑いが持たれている。
田口容疑者は、阿武町に隣接する萩市のホームセンターで従業員として働いていた。しかし、先月中旬、突然、「出頭する」と辞表を提出した。
田口の自宅は、阿武町の中心部から10キロほど離れたところにある。周囲は山に囲まれ、田園風景が広がっている。近所には他にも数軒の家があるが、いずれも空き家になっている。
近隣の住民:あそこは昔、空き家だったんだよ。あそこは誰かが入ったと聞いた。(田口容疑者とは話したことはない)
住民の方:移住者がいるのは知っていた。
田口容疑者は、町がYouTubeなどで宣伝している「空き家バンク」を利用して、わずか1年半前に安部町に住み始めた。空き家を活用することで、町に若者を呼び込み、地域を活性化させようというものだ。
田口容疑者の家の家賃は25,000円だった。田口容疑者は「田舎暮らしがしたい」と言い、家庭菜園でトマトやキュウリを育てていた。
家の周りは畑で、一番近いスーパーやコンビニは10キロも離れた山奥にあった。村の住民は、インターネットカジノがあることに驚いていた。
周辺住民:スマートフォンでカジノゲームができると聞いて驚いたという。
田口容疑者は、小学校の卒業アルバムに「将来の夢は造幣局の職人になること」と書いている。
タイムマシンがあるかという質問には「未来に行ってロト6の結果を見る」、
地球最後の日が来るかという質問には「持っているお金を全部使う」と答えている。
今回、田口容疑者は本当にお金を使い果たしたのだろうか。
なぞが残りますね。
引き続き注視したいと思います。